Online:

No.1237 不如帰019@幡ヶ谷2011/05/25 00:04

鶉を超えるべきして超えた?
限定
遂に、雉がっ!

到着したのは、10時過ぎ。
なんでも先頭の方は、8時だったとか?(滝汗w
開店
回を追うごとに、そのハードルが上がりつつある。
10時半で12名越えるとは・・・・(汗

5月29日までですよぉ~~。
雉と黒トリュフ
前回の雉は羽数が少なく、幻に終わってしまいましたから
今回が初ってことでf(^^;
さて、迷うこともなく右上をポちっとな。
券売機
しかし、1900円っ!
素材が素材ですからねぇ~。

モチロン、これもなきゃでしょ!
YEBIS
4番目に並んでいた方も、頼んでたっけw
YEBISといえば、あの方なんですけどね^^

さて、先に雉のプレートが提供されます。
雉の別皿肉
これをツマミに、飲まない訳にはいかないでしょ?

まずはムネから。
ムネ
あっさりとした方からいきます。
上にかかるのは、黒トリュフとオリーブオイルですね。

ねぎの盛りも、美しく感じる。
雉の玉子とささみ
味玉だって、雉なんです。
とっても貴重だとか。

ホトの味玉は、甘めでギュっと味が濃縮した感じがあります。
雉の玉子
鶉も凄かったですが、これもまた・・・!

さてさて、そばの登場ですよぉ~♪
雉と黒トリュフの塩そば
雉と黒トリュフの塩そば
もはや、コース料理の一環のような・・。

雉のじんわりとした味を失わないために、具はねぎと黒トリュフ。
塩そばっ
どちらかというと、渋い味になる雉。
しかし、美味く纏まっています。
蛤も入ってるのかな・・・・?
そんな甘みさえある。

鴨の甘みを取り除いたような味なんですよね。
寄り
飲み干すのが惜しくなる。
けれども、残してしまうのはもっと惜しい。

あわせる麺も雑味を感じさせません。
麺
いつもと違うのかな・・?同じかな。
それほど、ホトで食べてないのでなんともf(^^;

黒ずんだ、アレ・・・。
じゃなくって・・、黒トリュフ。
黒トリュフ
頻繁に食べているわけでもなく、味も覚えていませんが・・。
サッパリとして、リセット効果を持つのかな。

モモ。
モモ
当然、ムネよりはジューシーか・・?
いや、歯ごたえが違う。
筋肉なのだなぁ。
スジなんかとはまた違う、ちゃんと力を込めて噛んでやらないと味わえないし、食べれない。

ササミ。
ささみ
ムネよりしっとり。
柔らかですね~。

皮。
皮
これも、超弾力系。
野生を噛みしめるのだ。

そして、味玉っ!
味玉
なんてものを生み出してしまったのだf(^^;
最終日は5月29日!!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
テキー〇。丸の中は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://njinsei.asablo.jp/blog/2011/05/24/5877339/tb



Copyright(C)2008-2013/JIN ALL Rights Reserved